副業ネットビジネスの戦い方!間違った方法で時間を無駄にしてませんか?

ビジネス

世の中が副業(兼業)解禁の流れに傾いてきたり、トヨタ自動車社長である豊田氏が終身雇用を否定したりと、個人で稼ぐ力を養うことが必要となってきています。

そこであなたが何か新しく副業を始めようと考えた結果、本業との兼ね合いでスキマ時間に簡単にできそうだというイメージからネットビジネスを選択したのであれば、その間違いに気付いている頃でしょう。

想像と違って全然上手くいかない! と。

それは当然といえば当然で、特に副業でネットビジネスを行うのであれば正しい戦い方で攻めていかないと結果に結びつかないのです。

ではどうすれば良いのか? 本記事ではそういった「戦い方」について記載しています。

副業ビジネスマンの正しい戦い方

先に結論からいうと、「有料でその道のプロに教わる」これ以外に正しい戦い方は無いといってもいいです。

あなたがこれを受けて「そりゃお金払うんだから当たり前じゃん。そういうことじゃないんだよ」と思ったのであれば、その時点で戦い方を間違えている可能性は非常に高いですし、更に厳しいことをいえば、この先結果を出すことも難しいでしょう。

その理由について、以下で順を追ってご説明します。

専業に比べて費やせる時間が限られている

副業でネットビジネスを行う場合、大抵はブログやYoutubeといった媒体を利用しアドセンスやアフィリエイトによって稼ごうとします。

しかしながら、ただ記事を書いて(動画を作成して)広告を貼り付けるだけでは残念ながら結果は出ません。

そのような中で独学でやるとなると、ネットに転がっている(書籍にある)すべての方法を試す必要があるわけですが、本業がある手前、当然そのような時間はないわけです。

使える時間が限られているのであれば効率的に、最短距離を走る必要があり、そのためにはその方法を教わるのが手っ取り早いということですね。

自分でペース配分ができてしまう

独学で行う場合、いつ・何をするかを自分で決めることが可能です。

例えば、「とりあえず最初は100記事書けばいいらしいから、今日は頑張って2記事書こう!」とか、「明日は忙しくて記事が更新できないから、そのぶん今週末で一気に取り戻そう」といった感じでペースを調節するわけです。

これは一見すると自由度が高く、副業という形態に合っているようにも思えますがそれは大きな間違いです。サボります。十中八九サボっちゃうんです。

「忙しくて時間が無かったから」、「ちょっと難しそうだから」、「明日朝が早いから」、と色々な理由をつけて後回しにしてしまい、それが続くとどんどん結果が出ずにいずれは辞めてしまいます。

「環境が人をつくる」とも言いますし、そうならないためにはやらなければいけない環境下に身を置くことが大切で、ある程度の監視の目があったほうが良いんですよね。

無料はあくまでも無料でしかなく「お値段以上」は存在しない

ブログやTwitterで無料の情報公開をしてくれている人を見かける機会は多いと思います。

実際、それを試してある程度の結果が出る場合もありますが、あくまでもある程度であり激的な効果は期待できません。その人だからできたという再現性の低いものだったり、情報が古かったり、広く一般的に言われていることをわかりやすくまとめただけだったりと、考えられる理由は様々です。

その点、有料であればそれに見合った情報が得られますし、お金を払っている分やらなければ損をするという気持ちからモチベーション維持にも繋がります。

ただし、高ければ高いほうがいいというわけではなく、今の自分の目標に合ったものを選択すべきです。近くのスーパーに行くだけなら自転車で良いのに、スポーツカーに乗っていこうとするのはいくらなんでもやり過ぎですからね。

 

ここで注意していただきたいのが、お金を払ったからといってそれだけで結果が出るわけではない、ということです。

あくまでも手に入れた情報を活用するのは自分ですから、本人がしっかりと自らの意思でやるという強い気持ちが無いと宝の持ち腐れになってしまいます。

有料noteやセミナー、コンサルと色々な方法がありますが、自分が最終的にどうなりたいのか、どれくらい稼ぎたいのかをしっかりとイメージした上で、自らの意思でやるという強い気持ちを持って臨むのが大切といえるでしょう。

自分が正に副業としてのネットビジネスで失敗していた

以上の事は、実際に私の体験に基づく話でもあります。

私はブログを合計で10年ほど運営しており、はてなブログで収益化を図るようになってからでも3年半は経過していました。この辺りのことはnote(無料)に詳しく書いているので、興味があればご覧ください。

ブログ運営の傍ら本業もあったため、毎日限られた時間の中で試行錯誤するのは本当にしんどかったですし、独学だとこれで合っているかの判断ができなかったので常に不安でした。特に「最初に100記事書く」とか「アドセンス申請」とかはそれだけで多くの時間を取られてしまうので、今思うとよく心が折れなかったなと(笑)
また、休みの日やまとまった時間が取れた時などは他の予定がありましたし、色々と趣味も楽しみたかったので時には更新をしない日というのもありました。
一応自分の中で2日に1回とか、1ヵ月に15記事以上とかの目標を立てていましたが、あるときその目標が達成できなくなってからはどんどんと崩れていき、酷い時には1ヵ月に1記事とかの時もあったほどです。
アクセス数や収益を増やす方法については、主にTwitterやブログ、書籍などから得ていましたが、即効性があるものはありませんでしたし、何となく効果があったとしてもそれがどの方法だったのか判断ができませんでしたね。
その結果、Googleのコアアップデートによってアクセス数・収益が共に激減したあとは、今までやった中でどれが効果的だったのかわからないためそれだけを試すことができませんでしたし、手当たり次第に試せるだけの時間もないため辞めようか本気で悩んだほどです。
こうしてついに独学でやることに限界を感じた私は、お金を払って人に教わるという選択をするに至り、軌道修正ができたことから専業を決意するまでになったという感じです。
今になって思うと、教わる上で
  • 言われたことは素直に実行する
  • 同じように目標を持った人が周りにいる
  • 自己投資を渋らなかった

という点が良かった気がしますね。

まとめ

本業があるという時間的制約がある中で、多くの人が「まずは自力でやってみる」という選択をしています。確かにそれも一つの選択肢ではありますが、そこから結果に結びついている人が果たして何人いるでしょうか。

正解もわからぬまま、Twitterやブログ、Youtubeにある無料の情報を試してみて、思うように結果が出ずに時間だけを消費する。これでは当初予定していた副業としての収入なんて望めるわけがありませんよね。事実、私もダメでしたし。

間違ったやり方で本来の目標から遠ざからないよう、「お金を払って情報を買う」ということを意識することこそ、副業ビジネスマンとしての正しい戦い方といえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました